位 置
日本のほぼ中央となる、琵琶湖を中心とする滋賀県に位置し、琵琶湖南東部の山間(人            
口約60.000人)の街である。
  要 所   
旧東海道石部宿と草津宿のほぼ中間にあり、国道1号線・国道8号線の分岐点、名神             
高速道路栗東インターチェンジ
 主な施設 中央競馬会 栗東トレーニングセンター



大宝神社
史跡 石造足助楓崖碑
大宝神社稲田姫社本殿(町指定文化財
当社は明治以前まで大宝天王宮、今宮応天大神宮と呼ばれ疫神を慎める牛頭天王として信仰を集め古くは氏子
圏が旧栗太郡内の五十余村にも及んだと伝えられる。
蔡神は素戔嗚尊(スサノオノミコト)で、本殿は棟礼から弘安元年(1278)に、棟上げが行われたとされるが、現在の本殿
は、後生のものである。
大宝年間の創建といわれる大宝神社は、中山道沿いの広い参道の左手に、立派な四脚門を見ることができる。
また、この綣の地では、江戸時代の俳人松尾芭蕉が、「へそむらの麦まだ青し春しぐれ」と詠んだと伝えられており
、境内の緑は初夏の爽やかな風光とともに、実にうららかである。


新善光寺

新善光寺
鎌倉時代の中期、平重盛の末裔である小松宗定が、平追善のために信濃の善光寺に参詣する事48回におよ
び、ついに霊夢を感じて分身の阿弥陀如来像を造像したのが始まりと、言われている。


金勝寺(こんしょうじ)

金勝山 金勝寺 (こんぜやま こんしょうじ)
金勝山(566.8m)の頂上近くにある、静寂なたたずまいを見せる天台宗の寺。奈良時代に良弁開基後、願安
が山上に伽藍を建立して国家の平安を祈願し、勅願の寺ともなった。
《重文》
       木造釈迦如来座像
       木造虚空蔵菩薩反伽像
       木造軍茶利明王立像
       木造毘沙門天立像



和中散本舗

重要文化財 和中散本舗
和中散本舗の所在する六地蔵は、旧東海道の草津宿と石部宿の中間にあって、古来の間の宿として栄えてきた
ところである。六地蔵は古く梅の本村といい、今から360年前、元和の頃には、ここに大きな梅の樹があって、そ
の木陰で旅人に薬を売っていた。
それを和中散といい、江戸時代には、同業者が5軒に殖えてその本家を是斎(ぜさい)は大角氏を名乗り元和年
間京都の名医半井(なからい)ト養の女(むすめ)をめとった。
そのとき、和中散、奇妙丸(小児薬)などの製法が引き出し物として贈られた。ので、それから売薬を始めたのだ
という。


金勝山
県民の森

金勝山 県民の森
ここは昭和50年5月25日、昭和天皇・皇后両陛下をお迎えして、第26回全国植樹祭が開催されたところで、琵
琶湖を一望できる緑、総面積14.1ヘクタールで、各都道府県の木が植栽されている。「県の木の森」をはじめ「
いこいの広場」、「ふるさとの森」および「次代の森」では、四季折々の木々の変化が楽しめます。
下記 右写真中央の2本の樹は、昭和天皇、皇后両陛下のお手植えの樹