歴史と伝統に育まれた、風光明媚な湖国滋賀
滋賀県の全域は、そのまま昔の近江国である。古い書物には「海のごとくにして水淡し」とある。海のよう
に大きな琵琶湖にもとずいて名たもので、それは遠江(とおつあわうみ)に対して「近淡海」とも言った。
琵琶湖は滋賀県の総面積の約20%を占めている。

        

                               浮御堂(うきみどう)

近江八景の一つ、「堅田の落雁」として知られる景勝地。
琵琶湖に突き出すように建てられた堂宇が、湖に浮いているかのように見えることから名付けられた。
正式には海門山満月寺と呼ばれ、京都大徳寺に属する臨済宗の禅寺。995年(長徳年間)ごろ、源信僧都が阿も弥陀仏を刻んで、琵琶湖の交通の安全を願ったのが始まりと伝えられる。
     



     

琵琶湖に浮かぶ四つの島


琵琶湖に浮かぶ国宝の島
 竹生島
琵琶湖最北端、深いあい色の波間にひっそりとたたずむ竹生島。
周囲二キロの小島の周囲は断崖絶壁をなし、島全体はその神秘的な姿から古来「神の斎(いつ)く島」とあがめ
れてきた。島の伝承ではもともと琵琶湖の水をつかさどる地主神が鎮座していたとされる
竹生島には三点の国宝がある。平安貴族の宗教観と美意織りの結晶である装飾経「竹生島経」。豪華な桃山
建築の傑作として名高い「宝厳寺(ほうごんじ)唐門」と都久夫須万麻(つくぶすま)神社本殿」である

                    沖島(おきしま/おきのしま・沖ノ島)

沖島(おきしま/おきのしま・沖の島)は近江八幡市から琵琶湖に沖合約1.5kmに浮かぶ沖島は琵琶湖最大の
島です。周囲約6.8km、面積約1.53km2で約450人の居住する有人島で、近江八幡市立沖島小学校も設置
されています
湖に浮かぶ島に人が住んでいる例は世界的にも少なく、学術的にも注目されています。
市内への交通手段はもちろん船。通学、通勤用に定期便も運行されています。
                     
                     沖の白石(おきのしろいし)

安曇川 河口舟木崎西方沖合い約6.5キロメートル、水深80メートルにポッカリ浮かぶ四つの岩。
水鳥が休憩所として多く集まり、その糞が積もって白くなっている。近く寄ってみると、(決して接岸など試み
ないように、水面下に鋭く岩が突き出していて危険。)
岩がはるか湖底からまっすぐ立ち上がってくる様が分かります。正に80メートルの岩の柱が直立しているのです。
周りをグルリ一周すると、その自然の摂理に感動します。

                            多景島(たけしま)

多景島は彦根港から西へ約6キロメートルの所にあり、周囲約600メートル、長さ約200メートル、はば約70メートルの花崗岩でできた島です。湖面からの高さは20メートルで、全体が岩の島でしたが、江戸時代に彦根の荒神山から土を運んで、木を植えました。
元は竹がたくさん茂ることから「竹島」と言っていましたが、島の形が見る方向にいよって美しく変わることから、「多景島」と表すようになったそうです。
この島には、350年ほど前(1655年)に妙法寺の日靖というお坊さんによって建てられた見塔寺というお寺があります。


新雪賤ヶ岳(しずがたけ)の古戦場の大観

賤ヶ岳は羽柴秀吉と柴田勝家が、権力を争った「賤ヶ岳 の合戦」で有名な古戦場でその歴史をとどめて
います。新緑賤ヶ岳の大観はは、琵琶湖八景の一つです。

暁霧 海津大崎の岩礁
琵琶湖八景にうたわれる奥琵琶湖を代表する景観海津大崎の岩礁。荒々しく雄大な風景が見られ、湖面か
湖面から立ち上る霧が岩礁をつつんで、幻想的である。

琵琶湖大橋

滋賀県の湖東と湖西を一つに結ぶ琵琶湖大橋。昭和39年に供用開始して以来、幹線道路として滋賀県の産業
、経済や文化の発展はもちろん、琵琶湖の観光開発に重要な役割を果たしております。橋は現橋と新橋からな
っており、二車線づつの4車線で上下線となっております。
       
 車    線         新  橋          現  橋
 供 用 開 始         平成6年7月26日            昭和39年9月26日    
 橋 長       1400.5m         1350m


                             瀬田の唐橋

瀬田の唐橋(瀬田の唐橋)。日本史に関わりが深い橋として近江八景の一つ「瀬田の夕照(せきしょう)」として有名な橋で日本三名橋の一つになっている橋で、古くは日本書紀にも登場するほどです。
天武天皇元年(672)の壬申の乱に際して、大海人皇子軍と大友皇子軍の決戦場となった橋で”唐橋を制する者は天下を制す”と言われ、京へ通じる軍事・交通の要衝として幾多の戦乱の舞台になった。
現在の橋は昭和54年に架け替えられたもので、鉄筋コンクリート製となっている。

春色 安土・八幡水郷

西の湖を中心に水路が網の目のように広がり、ヨシ群 落の中を水郷めぐりができます。

瀬田川南郷洗堰

琵琶湖の水位を年中調整しています。昭和35年頃の完成で二代目です
    


安土城跡

天下統一を目前にした織田信長は、天正4年(1576年)丹羽長秀に命じて、約3年の歳月をすけて完成したわ
が国最初の天守を有する近世城郭である。天守は五層七重もの高さで、各層には豪華な絵画装飾を施し、金
箔を施した屋根は光り輝き、湖面に映じたと伝えられる。天正10年6月、本能寺の変の後、消失して石垣のみ
が現存する。
    
安土城には、四つの登山ルートがある。その中の一つ
が、この大手道。賓客を迎えた道とも言われる。
二の丸下、南帯郭。
壮大な石垣を誇る二の丸への入り口


国宝 
彦根城

井伊直正の子直勝が慶 9年から20年を費やして築城したもので周囲4km、湖水に望んで濠を三重に巡らされ
ている。平山城の形式に分類される城だが、平地部の惣掘り、三の丸の石垣の配置に理路整然さに比べ、金
亀山の山背をもろに利用している酒郭部の荒々しさといったら・・・・・ 正に最終進化の山城。
  


草津水生植物公園  みずの森

草津市烏丸半島東に広がる草津水生植物公園みずの森は自然いっぱいの植物園


No.1  屋外水槽  はす

No.2  屋外水槽  はす

No.3  屋内水槽  すいれん

No.4  屋内水槽  すいれん

No.5  屋内水槽  すいれん

No.6  屋内水槽  すいれん


No.7  屋内水槽  すいれん


No.8  屋内水槽  すいれん


No.9  屋内水槽  すいれん


No.10  屋内水槽  すいれん

No.11  屋内水槽  すいれん