アマチュア無線局 JO3LHY ex ja3hsj の 紹介 (その2)


アマチュア無線,コンピュータ関係の変遷

昭和39年7月
アマチュア無線局 JA3HSJ 開局
昭和40年代

仕事の関係(転勤)で、
昭和42年5月 :JA2管内(JA2LGZ)静岡県引佐郡引佐町横尾920
昭和48年11月:JA4管内(JH4DGU)岡山市長岡4−15
昭和49年11月:JA1管内(JF1XZP)千葉県習志野市津田沼2-1735
                        (住所は当時の住居表示)
昭和50ね9月より滋賀県在住となる

このように短期間に転々とした関係で落ち着いてハムライフもできない時代でした。
昭和50年代

この時期より現在地(滋賀県)に定住する事になり、ハムライフもHF(3.5MHz)からUHF(430MHz)まで、毎日、毎日が無線、無線、無線の日々になりました。

また、アワードに、JARL本部主催コンテスト、地方本部主催コンテスト(上位入賞数回)にと土日には、比叡山、金勝山、比良山、伊吹山と、滋賀県琵琶湖周辺の山でCQ、CQ、CQと、一番楽しい思い出に残る時期でもありました。

コンピュータもハムログを作る目的で、昭和52年頃にベーシックマスター(日立)を購入、ソフト作りに取り組んだのですがうまくでくず、結局56年頃(PC−8801)になってから、ログおよびQSL打ち出しができました。
昭和60年から平成

この頃より、ハムライフ(無線)のアクティビティも落ちパソコンの時代になり、ソフトウェア作りに、通信にと移行することになりました。

平成に入りインターネットを利用した通信も多くなりました。

当ホームページも平成10年頃に立ち上げることになりました。
今後の希望

大きなことはできませんが、小さな事からこつこつと(誰かの言葉)のように日本のIT技術の先端を見つめ自分にあったことができるように、努力したいと思っています。

今後ともインターネッツを利用した通信(アマチュア無線)に努力したいと思っています